pandas.DataFrameをクリップボードにコピーするto_clipboard

pandas.DataFrameのメソッドto_clipboard()を使うと、その内容がクリップボードにコピーされる。そのままExcelやNumbersなどの表計算ソフトの任意の場所にペーストすることができます。 スクリプトファイル.pyだと使いにくいかもしれないが、Jupyter Notebookなどの対話的な環境で使うとすごく便利。特にサイズの大きいDataFrameの内容をコピペしたいときはprint()などで出力して選択するよりも楽。

pandas.DataFrame.to_clipboard — pandas 0.22.0 documentation

なお、to_clipboard()とは逆にクリップボードの中身をDataFrameとして読み取る関数read_clipboard()も用意されています。以下の記事を参照。

また、クリップボードを介さずにCSVやExcelファイルに保存することも可能。

to_clipboard()

デフォルトでは引数excelがTrueとなっており、DataFrameの内容がタブ\t区切りでクリップボードに書き込まれる。ExcelやNumbersなどの表計算ソフトにそのままペーストできます。

import pandas as pd

df = pd.DataFrame({'a': [0, 1, 2], 'b': [3, 4, 5]})
print(df)
#    a  b
# 0  0  3
# 1  1  4
# 2  2  5

df.to_clipboard()

#   a   b
# 0 0   3
# 1 1   4
# 2 2   5

excel=Falseとするとスペースで区切られる。

df.to_clipboard(excel=False)

#    a  b
# 0  0  3
# 1  1  4
# 2  2  5

引数sepで区切り文字を指定することもできます。

df.to_clipboard(sep=',')

# ,a,b
# 0,0,3
# 1,1,4
# 2,2,5

そのほかの引数はto_csvメソッドと共通。以下の記事を参照。

シェア

関連カテゴリー

Python pandas

pandas.DataFrame, Seriesの先頭・末尾の行を返すheadとtail pandas参考書『Pythonによるデータ分析入門』の注意点 pandas参考書『Python for Data Analysis, 2nd Edition』 pandas.DataFrame, Seriesの重複した行を抽出・削除 pandas.DataFrameをGroupByでグルーピングし統計量を算出 pandas.DataFrame, SeriesとNumPy配列ndarrayを相互に変換 pandas.DataFrame, Seriesを時系列データとして処理 pandasで特定の条件を満たす要素数をカウント(全体、行・列ごと) pandasで特定の文字列を含む行を抽出(完全一致、部分一致) pandas.DataFrameの列をインデックス(行名)に割り当てるset_index Pythonのリストと配列とnumpy.ndarrayの違いと使い分け pandas.DataFrameの行番号、列番号を取得 pandasの文字列メソッドで置換や空白削除などの処理を行う PythonでRESAS APIを使ってデータをダウンロード

Last Updated: 6/26/2019, 10:34:03 PM